看護業務への熱意があるならば

 病院での残業は自分を高めるのにうってつけだとおっしゃる看護師がいることでしょう。残業をすればする程テンションが高くなっていくのが窺えて、その高揚した気分で難題をクリアしていく意志を奮い立たせていくのです。残業をしている時間の長さに比例して看護技術が高くなることを実感している看護師がたくさんいると思います。まるで残業が飛躍に必要な栄養源のように思えてくるかもしれません。看護業務への執着心の強さが、残業をしてでも仕事を終わらせたいという気持ちにさせていき、残業時間が特別な時間だと感じるようになっていきます。看護師としてのプライドが残業をするべきだという意識喚起を起こしていき、残業を試練だと捉えて仕事を消化していくのかもしれません。
 一方で、残業時間が長いほど残業代が高くつくことを楽しみにしている看護師が結構いらっしゃるのではないでしょうか。残業代が仕事を頑張ってきた自分へのご褒美だと感じていき、給料日を楽しみにしていくのです。まるで残業が金のなる木のように思えてくることがないでしょうか?残業代の高さが仕事のモチベーションを高めていくため、一層残業に身を入れるようになる看護師が少なくないと思うのです。残業をすることで自身が磨かれていくことを実感している看護師は、残業が自分の中にある理想とする看護師像を引き出しているようだと感じているかもしれません。看護業務への想いの強さが残業の熱意を加速させていくのです。

コメントを残す